00042

転職するうえで女性が取得すべき資格

2015年12月27日

女性は、男性と違い結婚についてどうするかを真剣に考えている人が圧倒的だと思います。もちろん、中には一生独身で子供もいらないという稀有な存在もいるかもしれませんが、ほとんどの人が、1人の女性として結婚し、子供を産みということを考えるのではないかと思います。独身女性であれば考える必要はないかもしれませんが、この先女性として働こうと思う際、転職をどうしても考えていかなければならない状況なども起こってくる場合があるのです。 そんな時に将来的に役煮立つかもしれない資格がたくさんあるのです。 今回は、そんな女性にとってとったほうが良い資格について見ていきましょう。

こんなにあった!女性が取ったほうがよい資格 

結婚後に女性の生活は大きく一変するのではないでしょうか。人によっては結婚後会社を辞めて子育てに専念する人もいるかもしれません。子育ては最初の頃は大変なものでありますが、子供が子育てに力を入れなくてもよくなってくると、余裕が生まれきます。そんな時に多くの女性がこんなことを思うのです。 仕事をなんとかして続けておけばよかった  しかし、ここで問題が生じます。年齢的に転職活動が非常に苦しくなってしまうことが多いのです。もちろん、資格がいらない仕事を中心に探せば見つかるかもしれませんが、資格を取得していたほうが、仕事の幅は格段と増えるのです。それでは、そんな時に役立ちそうな資格とは一体どのようなものなのでしょうか。下記にあげたものが、比較的女性が取ったほうが活躍の場所が多いと思われるものです。

医療事務
調剤薬局事務
介護事務
フィナンシャルプランナー
日商簿記
秘書検定
社会保険労務士

この中でも、簿記や秘書検定は既に持っている人もいるかもしれませんが、是非持っておきたいところ、絶対役に立つことは間違いありません。医療事務や調剤薬局事務も女性が多く活躍する場所で持っていると優遇されるため、取得したほうがよいといえます。しかし、一方でこれらの資格は、どれも容易に取得出来るものはありません。それなりの時間が必要な資格ばかりなので、計画をする必要があります。子育ての合間に少しずつ勉強をしながら資格を取得していくという方法がよいかもしれません。

まとめ 

このように、女性が取得しておけば、後々自分にとって役にたつ資格というものはいくつかあります。しかし、これらはすぐに取得する資格ではありません。数年後先の自分を助けるために、今何を取得しておいたほうがよいかを考えて、資格取得の計画を立てることが最適な選択かもしれません。