00006

女性らしく面接でのぞむには何が必要?

2016年2月29日

面接では、様々な細かいことに気をつけなければなりません。男性よりも女性の方が面接での作法を気にする人が多いのではないかと思います。男性は、面接の内容や仕事の実績などで自信を持って話す人が多いかもしれません。その一方で、女性は仕事の実績があまりなく、面接が不安という人もいます。 女性が自信を持つことが出来るためには、面接でどのようなことが必要なのでしょうか。 今回は、女性が気をつけるべき面接の作法について考えていきましょう。

女性が特に気をつけるべき面接作法 

それでは、女性が気をつけるべき面接作法とは、一体どのようなものなのでしょうか。
男性にも共通することも多くありますが、それ以上に女性が気をつけなければならないことがたくさんあるのです。
(1) あいさつをはっきりと言う。
男性は、声がとおりやすく、ハキハキと話す人が多くみられます。その一方で、女性の中には、普段から声があまり出ずボソボソと話している人も多いと思われます。そんな人は要注意なのです。面接では、ハッキリと話すことが大切です。そのため、面接官と向き合った際は、第一声であいさつをはっきりというということをまず意識することが大切です。このことを大切にしておけば、問題はありません。
(2) においも気をつける
女性の中には気合を入れて香水をつけて臨む人も多くいるかもしれません。不快なにおいも問題ではありますが、そうではないにおいも気をつけなければなりません。適度な量に抑えておかないと、この人香水がキツイという印象しか与えることが出来ません。そうならないためにも、香水など香りがするものは適度に意識しましょう。
(3)ナチュラルメイクを意識する
化粧にも気を配りましょう。あまり厚い化粧で望んでしまうと、面接官が引いてしまう可能性があります。そうならないためにも、適度なメイクを意識し、かつナチュラルメイクに仕上げて臨みましょう。
(4)笑顔で相手の表情を見て話しを聞く。
面接中忘れてはならないのが、表情です。相手の顔をしっかりみて笑顔でハキハキと答えることで好印象を与えることが出来ます。このようなことを意識しておくことが大切です。

まとめ 

以上のように、女性は特に外見に気をつけながら面接にのぞむことがとても大切なことではないかと思われます。もちろん、それだけでうまくいくわけではありませんが、 面接官に好印象を与える  ということは間違いないでしょう。