00025

スキルを身につけて働きたい!職業訓練校とは?給付金はいくら?

2015年4月21日

国が支援を行っている「職業訓練」には、いくつかの種類があります。雇用保険を受給している人は「公共職業訓練」を受けることができ、就職に必要な技術や知識を習得するための訓練が無料で受けられます。また、雇用保険を受給していない人に対しては、「求職者支援訓練」を行っています。ほかに、「短期集中特別訓練」というコースもあります。

公共職業訓練

都道府県は、「離職者・在職者・学卒者」に対して公共職業訓練を実施しています。離職者というのは、ハローワークを通して転職する人です。在職者は職に就いている人向けのもので、短期間の職業訓練が受けられます。学卒者は、高校を卒業した人向けの職業訓練なので、該当する職業訓練を選んでください。

求職者支援訓練

求職者支援訓練というのは、雇用保険を受給していない人向けのもので、ハローワークが中心となって就職支援を実施しています。無料で職業訓練を受けることができますが、本人収入や世帯収入、資産要件などの一定の支給要件を満たす必要があるので、詳しいことはハローワークでご確認ください。

短期集中特別訓練

中央職業能力開発協会が行っている「短期集中特別訓練」は、ビルクリーニング・設備管理、 警護、介護補助、調理補助などへの再就職を目指し、1ヶ月~3ヶ月に渡る短期の職業訓練です。職業訓練にあまり時間を取れない人向けのもので、雇用保険を受給していない人については、訓練を受けやすくするための給付金を受けることができる制度もあります。

職業訓練校の給付金

雇用保険を受給している人は、給付金を受けながら職業訓練を受けることができますが、雇用保険を受給していない人も無料で、「求職者支援訓練」や「短期集中特別訓練」を受けることができます。また、訓練を受けやすくするための給付金を受けることができる制度もあるので、ハローワークで聞いてみてください。

給付金の額

職業訓練受講給付金というのは、職業訓練期間中に雇用保険を受給できない求職者の方に向けた生活支援サービスのことを指しています。ただし、支給の対象者が限られており、世帯全体の金融資産が300万円以下、世帯全体の収入が月25万円以下、本人収入が月8万円以下などの条件があります。支給額は月額10万円の「職業訓練受講手当」と所定の「通所手当」が支給されます。通所手当には上限額がありますので、ハローワークでご確認ください。