00028

プロスポーツ選手だけじゃない!スカウトされる人材になろう!

2016年11月29日

スカウトというとプロスポーツ選手などの世界によく聞く話です。
スカウトマンは選手のパフォーマンスを試合等でチェックし、能力や集客力などがチーム運営にメリットをもたらすと判断されればオファーされます。

どこか別の世界の出来事のようですが、私たちサラリーマンの世界でもスカウトというものは存在します。大手求人サイトなどが提供しているスカウトサービスなどに登録して、条件にあった人材に対して企業からオファーが来るというものです。ネット広告などでもよく見かけるので、すでに利用している方も多いでしょう。

個人間でのスカウト

それ以外、もっとあなた自身のパーソナリティとスキルに注目したスカウティングが存在します。同業他社に行った元同僚や学生時代の友人などから誘われるなどといった所謂「友人紹介」などで入社するパターンです。これも立派なスカウトの一種であり、企業にとって求める人材により近いことは確実です。ITなど人材が回遊しやすい業界で長年勤めていると、いつの間にか元の同僚が様々な同業他社に転職していたり、クライアント企業の担当者も転職していたりします。彼らがもし今の企業にあなたの能力が欲しいと思えばおのずと向こうから声がかかります。

どんな人材ならば欲しいと思ってもらえるのか?

求められる人材というのは自身のパーソナリティに魅力があり、業界全体で通用するスキルを持っているという点ではないでしょうか。どのような現場でもパフォーマンスを発揮できる確固たる能力があることでしょう。もちろん業界内でも希少なハイスキルであれば文句なしですが、会社組織ではチームワークが重要ですので、能力は平凡でもムードメーカー的な存在だったり、イヤミの無いリーダーシップがとれる人物というものは重宝がられる場面が少なくありません。
反対に求められない人材は会社人間です。「会社のためにパフォーマンスを出す」ということは決して悪いことではないのですが、それは会社に対して有益な人物というだけで、その会社独自のルールに対して忠実な者はどこの企業にも存在しています。そんな人物を引き抜いてまで欲しいかと言われれば答えはNOとなるでしょう。

個人間スカウトのメリットとデメリット

友人紹介のメリットは、通常の採用活動よりも入社のハードルは下がるところでしょう。もちろん紹介者側が社内でパフォーマンスを出していて人望がある場合はなお有利でしょう。しかも紹介者が人間関係を構築しているため入社後に馴染むのもあまり時間はかかりません。ただ、デメリットもあります。紹介者があなたのことを誇張してしまっていた場合、余計な期待値を持たれてしまい過大評価されてしまいます。ただ、あなたが現職で彼らを満足させるパフォーマンスを発揮できていれば、今の会社にあなたを欲しいと思ってくれる人がいるはずです。

まとめ

社会人経験の少ないうちにはあまり実感がないでしょうが、将来的に声がかかる人とそうでない人はわりと顕著に別れていきます。現在付き合いのある同僚やクライアントに「また一緒に働きたい」と思わせる売りを作ることがスカウトされる人物になるための第一歩になるでしょう。