8d377a932a7e36270bbf36b4f3ad44df_s

実はひとくくりに出来ない営業職

2016年3月9日

日本の求人の中で最も多いのが営業職です。営業職といえば大変なイメージがありますが、ひとくくりには出来ないぐらいに幅広い仕事があります。

転職の求人に最も多い

日本の転職者の求人で最も多く出ている職種は営業職でその他では事務職です。男性に関してはほとんどが転職した際に営業職になります。営業職といえばノルマがあったり飛び込み営業など大変なイメージが付きまといますが、実はそれだけではありません。営業職といっても様々な仕事があります。まずは接客業です。前職が接客で、転職する際に営業職を探す人もいます。この場合は飲食店店員などから営業職への転職です。二つ目が商材の変化です。営業職といっても商材はその会社によって違うため、商材が違えば営業職から営業職への転職もあります。三つ目は個人営業と法人営業の違いです。個人営業の場合は一対一の対応になりますが、法人営業の場合は企業が相手になります。そのため、個人と法人の営業に対するアプローチも違います。四つ目は営業スタイルです。営業職にも新規開拓を中心とするやり方と今いる顧客への営業を中心とするやり方の二つがあります。ノルマに対して気になる人もいると思いますが、ノルマが設定されていない会社もあります。転職活動を行う中で自分に合った求人を見つけましょう。

営業職に必要なこと

営業職に必要なことはいくつかありますが、その一つは「分析力」です。営業職は顧客がどのようなものを求めているのか、次に何が売れるか分析して提案する能力が必要です。二つ目はコミュニケーション能力です。営業職というのは顧客とのコミュニケーションで商材を販売します。そのため、話術で相手に買ってもらえるようにならなければなりません。三つ目は会社の代表であるという意識です。営業職というのは会社の中で最も外部の人間にみられる職種です。そのため、営業職として清潔でしっかりした人間だと感じてもらえるように気を配る必要があります。さらには商品知識を高めて、マナーに気を配りスキルアップを目指す努力が求められます。相手に優秀な営業だと思ってもらえれば会社のイメージも上がり、会社全体の利益になります。

まとめ

営業職と聞くと難しかったり厳しいイメージがありますが、想像以上に幅広い業種と営業スタイルがあります。転職の際には自分に合った営業スタイルを探しましょう。