00088

逆質問の落とし穴

2016年1月28日

面接の中で、転職したい企業先に好印象を与えるものは一体どんなものであると思いますか?様々なことを考える人が多いと思います。服の印象を考えたり、志望理由をばっちり答えることであったり面接の中のあらゆる要素が採用されるために必要不可欠なことであると感じるのではないでしょうか。 その様々の要素の中でとても気をつけておかないといけないものがあるのをご存知ですか?  それが、面接で最後に聞かれる「何か質問ありますか?」と言われる逆質問なのです。この逆質問、考え方によっては、自分にとって大きくプラスになるものです。しかし、その一方で間違えるととんでもないことを引き起こすトリガーにもなってしまいます。では、どのようなことに気をつけるべきなのでしょうか。

逆質問でNGと思われる行為 

逆質問は、考えてしっかり対応するシミュレーションがあるのであれば、怖いと思う必要はありません。しかし、間違った誤解を持ったまま面接に臨むようであれば危険と言えるのです。それでは、一体どのようなことが危険であると言えるのでしょうか。簡単にまとめてみました。
(1) ホームページ上の情報を聞く。
面接にいく前、面接企業のホームページを事細かく調べましたか?ホームページ上の項目を参考にして、そこから新たな質問を生み出し聞くのであれば問題ないのですが、これがホームページ上に書いてあることであればとても危険と言えます。ホームページを見ていないことがわかってしまい、今までの面接は嘘で固められている可能性があると相手に思わせてしまうからです。事前に知れる情報についてはしっかり把握しておきましょう。

(2) 待遇を率直に聞く
具体的な待遇について面接の段階で聞くことは良いとされません。確かに転職する上では給料がどのような状態でということも大切な要素の1つであると言えます。しかし、そうだからという理由で聞くのはよくありません。待遇を聞くのは転職が確定した段階からです。面接中に、面接菅が待遇面での質問をしてこない限りは自分からガツガツ行かないように心がけましょう。

まとめ 

今回は、面接の逆質問の中でもやってはいけないとされている行為について簡単にまとめてみました。ありきたりの質問や、自分の待遇面の質問。また、会社にとってなんでそんなことを今聞くんだろうか。と感じてしまう質問も良いとはされません。質問の仕方によっては、採用しようと考えていたのにガッカリした。ということがあるので気をつけましょう。