027ef62d9b9aa876cec6a9c3c2e6502b_s

アルバイトから正社員へ転職!はじめての正社員には不安もいっぱい

2016年8月29日

今までアルバイトしか経験がない人も、そろそろ正社員になりたいなと思っているのではありませんか。でも、ずっとアルバイトだったから、正社員って聞くだけで不安いっぱい?

まずは資格をとってみる

もし、やりたい仕事が見つかっていなければ、まずは資格取得からチャレンジしてみてはいかがでしょう。
自分の得意な分野を見つけるというよりも、苦手じゃない分野を見つけるという意味が大きいです。資格の勉強をすると、どうしても苦手だなと感じることがあります。たとえば、就職に有利だからと簿記の勉強をするとします。しかし、なかなか内容を把握できずに、諦めてしまうでしょう。それはきっと苦手な分野だったからかもしれません。
以外にもPCの勉強をしようとして、MOSという資格の勉強をしてみると、面白くてすんなりと勉強できた、ということもあります。

このまま無理に簿記の勉強をすすめて、経理の仕事をしてしまうと、せっかく正社員になってもすぐに退職してしまっていた可能性もあります。

未経験からでもできる仕事を探す

やりたい仕事が見つかっても、アルバイトでの実績はあまり通用しないこともあります。未経験でも始められる仕事を探してみましょう。
未経験で募集している企業は、人手不足のために急いで採用したいという表れでもあります。そのため、少し給与が安かったり、激務であることも。
しかし、そこでしばらく実績をつみ、それからキャリアアップへと再び転職を目指してもいいでしょう。

面接のときに、いかにして納得させることができるか

未経験だとしても、長い間アルバイトで働いてきたことに面接官は疑問を感じます。
どうして今までアルバイトだったのですか、という質問にうまく答えられることが必要となります。
たとえば、ミュージシャンや役者を目指していた。アルバイトはあくまで副業として働いていた。体調がよくなかったので治療に専念するため。勉強のため。という理由であれば、面接官も納得はしてくれます。

なにも理由がないのに、ずっとアルバイトをしているというのは、面接官にはあまりいいイメージを持たれません。
かならず、納得させることができる理由を考えておきましょう。