00025

市場価値が高い女とは!?

2015年9月24日

今の現代社会、女性の活躍する場所が増えてきました。昔のように就職してもすぐに辞めてしまい、「女性は戦力としてカウントをしない」という時代ではなく「女性が必要な時代」になってきています。 女性として戦力のある=市場価値の高い人は、一体どのような人なのでしょうか  疑問に思ったことはありませんか。今回は、第1線で働く女性を対象に「どのような人が市場価値高いのか?」ということを聞いてみました。一体どのような女性が、OLとして魅力ある女性なのでしょうか。

 どんな仕事もやる人 

大手広告メーカーに勤めるAさんは「自分で仕事を探して、自分でやるべきことを見つける人が任される。と言われるけれどそうではなく、『どんな仕事も自分の仕事だと思い文句を言わずに取り組む姿勢も大切だ』と思います」と語っていました。確かに、数多くの仕事野中には、「何でこの仕事を自分でやらなければならないのか」と文句を言ってやる人もいます。その中でも、「自分にとって、この仕事は何かの意味がある」とそう思って取り組む姿勢も大切なことですよね。どんな仕事でも文句を言わないという人は、市場でも力をつけてくるそうです。

  伝える力と課題を見つける力をみつける 

大手検索サイトのエンジニアとして働くBさん。エンジニアという男社会の世界では貴重な人材です。「エンジニアという仕事は、テクニカルなスキルを持っていることがその人の価値だと思われがち。しかしそうではなく、自分の想いを正しく伝える力と、今どんなサービスが求められているのか、何が問題なのか。ということをしっかり意識してアンテナを張ることも大切」と語っていました。仕事の分野は関係なく「問題認識を持ち、しっかりと自分の想いを伝える力」という色々な業界で通用する気持ちは大切なのですね。

市場価値の高いオンナとは? 

今回紹介することができたのは、ほんの1例に過ぎません。市場価値の高いオンナというものは、色々な人の話をまとめていくと、 問題意識をしっかり持ち、自分のスタイルを確立して、自分の思うことをしっかりと表現出来る人が共通する必要なスキルではないでしょうか。 もちろん、これ以外にも様々な見解があると思います。問題意識を自分で見つけ、解決に向けてチャレンジする人こそが、市場価値の高いオンナと言えるのではないでしょうか。誰でも意識すれば出来ることなので、一度意識をして過ごしてみてはいかがでしょうか。