00035

求人が少ない地域で転職活動するにはどうすればいいのか

2016年7月25日

転職をする中で自分が働こうとしている地域の求人が少ないと、
転職しようにもなかなか転職活動を進めることができません。
しかしあらかじめ様々な地域特性や考え方を変えるだけで、転職活動を上手く進めていけるかもしれません。そこで今回は、求人が少ない地域でどうやって転職活動をしていけばいいのか話していきたいと思います。

求人が少ない中でも、どの業種の求人が多いか把握する

求人が少ない中でも求人が全くないということはなく、少ないなら少ないなりに、どの業種の求人が多いのか把握しておくと転職活動が上手く進んでいくかもしれません。転職活動をする中でない求人をいくら探したところで転職活動は進みません。  ハローワークや求人誌、求人サイトなどをくまなくチェックし、地域特性を把握しておきましょう。 

不足している業種を把握する

その地域で不足している業種というのは当然競合する会社が少なく、地域に必要な業種であれば必ず需要があります。転職活動を開始する前に地域の特性を理解し、どの業種どんな職種の需要と供給のバランスがミスマッチしているのかを良く調べ把握しておくと転職活動も円滑に進められるかもしれません。このような企業を見つけたり、起業する人はこのことを頭に置いておくと、  いずれ地域で需要の高い独占企業になる可能性があり、後に良い転職活動ができたと思えます。 

転職地域の範囲を広げる

求人が少ないと思っているのならば、思い切って転職地域を広げると今までとは違った求人をみることができます。転職範囲を広げると今まで絞ってきた地域とは違う特性をもっていることから自分の求めていた業種やそれに近い条件の求人が見つかるかもしれません。
通勤時間や通勤手当、生活リズムなどの条件面での難しさはあるかもしれませんが、  転職活動を進めていく為にも一度この考え方で転職活動していくと上手く進んでいくかもしれません。 

まとめ

ここまで色々と話してきましたが、地域の特性上ない求人をいくら探していても転職活動は進んでいきません。しかし上手く進める為に求人が少ないなら少ないなりに応募が多い求人を把握しておいたり、地域で需要がありそうなのに不足している業種を把握しておくと転職活動が上手く進み出すかもしれません。また求人が少ないと感じているなら思い切って一度、転職する地域を広げて求人を探してみると自分の条件に合いそうな求人ややってみたい職種が見つかるかもしれません。