00019

転職の決断をする前にすべきこと

2016年6月20日

基本的に最初に入った会社で一生働こうと思い就職をする方が大半でしょう。しかしながら雰囲気になじめなかったり、別の仕事に興味を持ち始めたりして仕事を変えたいと考える人がいると思います。いろいろなことに興味を持ち行動しようとすることは決して悪いことではありません。しかし、辞める決断をすることで周りに大きな影響・迷惑をかけてしまうのは事実です。そして、自分自身もお金等で苦労することになります。転職を考える際にはこれからどのように過ごしていきたいのかをしっかりと示すことが重要になってきます。ここでは、転職を考えている方に準備や考えていてほしいことをまとめていきたいと思います。

何も考えずに転職をすると更に自分に厳しい会社で働くことに!?

基本的に転職後は給料が下がる傾向にあります。主な理由としては、いまだ日本は年功序列制度が深く根付いているため、転職すると当然、その会社での勤続年数は短くなってしまうため給料が減ってしまうことが多いです。また、勢いのまま転職を決めてしまった方は更に危険です。焦っている中で転職活動をしている場合、人事担当者の方にそれを見抜かれて会社側に有利な条件を飲んでもらうようにされる可能性もあります。中々決まらないと「自分の能力以下の会社でもいいから」などと考えるようになってきて、転職を決断した意味がなくなる選択をしてしまう場合もあります。

転職の活力となる「不満」

そもそも、なぜ転職を考えるのか?共通して言えるのは、「不満」があるということです。不満を解決しようとするために転職を考えるのは不思議なことではありません。人間が許容できる不満の範囲には限界がありますし。この不満を転職活動の活力へと変えていきましょう。しかし、ただ不満をぶつけていけばいい結果が得られるわけではありません。不満の原因となっているものは何なのか・自分は何のために働きたいのか・どの仕事がしたいのかこれらを自分の中で整理させるのが重要です。転職をするときには必ず自分と向き合う時間を作りましょう。

まとめ

転職を考える前に、自分を見つめなおし整理してもらうのが重要であることはわかってもらえたかと思います。しかし、会社に留まりながら状況を改善できることもあるかもしれません。例えば会社の新規事業に参加するなどです。異動届は比較的受理されやすいです。しかし、異動によって出世するチャンスは減る可能性もあります。しかし、転職後に相当な負担があるのも事実です。転職の決断をする際には様々な視点から判断を下しましょう。