00175

転職する勇気を持つためには?

2016年4月18日

今の会社に不満があったり、転職に興味があったとしてもそう簡単に転職に踏み切れない人が多いと思います。しかし、もし転職をするならはやいうちにする方が有利です。今回は転職する勇気が湧かない人や具体的な進め方がわからない人などが転職に踏み切るためにすべきことをご紹介します。

誰かに相談してみる

自分だけで悩んでいても始まりません。職場の悩みや転職について誰かに相談してみましょう。誰かに話すことで客観的な意見を得られると同時に転職が現実問題として捉えられるようになります。

いろいろとリサーチする

漠然と転職したいと思うのではなく、いろいろとリサーチを重ねて具体的な転職先や目標を考えていきましょう。現状と希望先を比較することで自分の足りない点や立ち位置が見えてくると思います。

目標を具体的な行動とスケジュールに落とし込む

ただ目標を立てるだけでは実現は難しいでしょう。転職を進めていくためにはその目標を具体的なスケジュールに落とし込む必要があります。転職活動はスケジュール管理が重要です。提出期限や選考スケジュールに合わせて余裕を持った具体的な計画を立てましょう。

転職エージェントに登録してみる

そして他力本願も大事です。転職のプロがあなたの人材評価や企業への紹介を代行してくれる転職エージェントへ登録してみましょう。自分以外の人やサービスに頼ることでまずは第一歩が踏み出せると思います。転職エージェントはほとんどが無料ですし、登録したところで必ずしも転職しなくてはいけないということはありません。まずは転職エージェントに頼って転職に踏み出すのもありです。

まとめ

とりあえずやってみる
まずは悩まずにとりあえずやってみることが大事です。イメージが漠然としていても調べていけば将来のビジョンは明確になりすまし、最終的に転職や退職をしなければ失敗する恐れもありません。
目標とスケジュールを具体化する
行動するためには目標と計画が必要です。まずはその2つをたて、具体化しながら転職活動を進めていきましょう。
絶対に転職すると決めつける必要はない
中には選択肢をひとつにして転職すると決めつけてしまう人がいますが、最初からそうする必要はないと思います。転職活動を経て、やっぱり今の職場に留まる選択をする人も多くいますし、すぐに上司へ相談したり会社を退職する必要はありません。あくまで最初は今の仕事と比較するくらいの気持ちではじめてみましょう。