027ef62d9b9aa876cec6a9c3c2e6502b_s

転職面接について

2016年5月27日

転職面接の際に社会経験が少ない、いわゆる若年層の人はキャリアがない分、アピールポイントが少なくなってしまいます。しかし若年層である以上アピールポイントが少ないのは、雇用者側も十分理解しているはずなので自分を卑下する必要はありません。そのことをふまえて今回は若年層の転職面接について話していきたいと思います。

フレッシュさを前面に押し出す

新卒者ではないですが職歴が少ない分、フレッシュさを前面に押し出していきましょう。多少社会経験があるからといってこなれた感じを出すよりも、これからこの会社に入って一から仕事を覚えてくれそうだなというふうに感じてもらう為、

あいさつや聞かれたことに対してはっきりと答えられたり、返事をしていければ雇用者側も悪い印象は持たないのでこのことを心がけていきましょう。

社会経験が少しでもあるということを見せる

上記でフレッシュさを前面に押し出すという話をしたばかりですが
新卒者とは違い社会経験がある分そのことを生かしましょう。
上記でも話しましたが、こなれた感じを出すのではなく、

社会経験を踏まえながら質問に対して簡潔にまとめ、分かりやすく相手に理解してもらえるように練習しておくと社会経験をしてきた強みが見せられると思います。

履歴書、職務経歴書は、見やすく簡潔にまとめる

履歴書や職務経歴書が見やすく書いてあると雇用者側も悪い気はしません。履歴書や職務経歴書は、人事担当者が貴重な業務時間を使って目を通してくれる訳ですから見やすく、わざと文章に厚みを持たせる為にダラダラと長文を書くのではなく、文字と文字との前後左右の行間や改行など細かいところにも気を配り自分なり丁寧な字で簡潔にまとめ、人事担当者がストレスなく目を通せるように心がけましょう。

細かいとは思いますが文章ひとつにしてもこういう配慮が見て取れると実際に一回会って話をしてみたいという気持ちになり転職活動の成功にも繋がります。

まとめ

ここまで色々と話してきまいたが社会経験の少ない若年層であってもキャリアがないのは仕方がないことなので、そのことを卑下せず別のことで自分をアピールしていけばいいだけです。若年層であることを利用し、会社の一員となった際に教えたことに対して素直に取り組める素直な人だと思ってもらう為、フレッシュさを前面に押し出し、聞かれたことに対してダラダラと話すのではなく自信を持ってはっきりと簡潔に答えることが大切になってきます。そのことを踏まえ、面接前に人事担当の方が目を通す履歴書や職務経歴書が見やすく丁寧にまとめてあると、面接も円滑に進んでいくのでそのことにも注意して面接に挑みましょう。