00026

年収がダウンしても転職したいと思う現在の状況ってどんなもの

2015年4月21日

転職をしたい。その理由は色々とあると思いますが、大体の理由としては給料が安いからもっといいところに行きたいというものと思います。ですが、中には年収がダウンしてもいいから転職をしたいという人もいると思います。それは相当に追い詰められている証拠だと思いますが、果たしてどのような状況に置かれているのでしょうか。

残業時間が多い

仮に月収30万円以上貰っていたとしても、残業時間が月に100時間…というのは極端ですがそれに近いものがあったらどうでしょう。さすがにいくら働いても仕事が終わる気配がないというのはやる気も何も無くなるのではないでしょうか。

出張がやたら多い

会社の中には月に何度も出張がある場合もあります。先週は北に、今週は南にということもあり得るわけです。最初は出張は旅行気分でいいという人もいますが、何度も続いてくるとさすがに嫌気もさしてくるものです。それに出張の費用は先払いで後から返ってくるというのがほとんどですから、そのお金を捻出するのも大変なのです。

職場の悩み

転職したいと思った場合、何らかの職場の悩みを抱えていることが多いのではないでしょうか。その最たるものが人間関係ではないかと思います。やはり人間関係が良くなければ会社も続きませんし辞めたくもなります。この人間関係が悪いというのにはどのようなものがあるのでしょうか。

職場恋愛をしてしまった

人によっては職場恋愛をしてしまったばかりに居づらくなった人もいると思います。恋愛をしているうちはいいのですが、それが何かの形で終わってしまった場合は一緒にいるのが難しくなってしまいます。もしも自分に原因があるとしたら、すぐにでも転職を考えたくなりますよね。

上司の嫌味がひどい

いわゆるパワハラと呼ばれるものですが、これがひどい職場は本当にひどいようです。まるで小学生のいじめのように陰湿な場合もありますし、嫌な仕事ばかりを押し付けられることもあるようです。物は考えようとは言いますが、さすがに毎日では辞めたくもなりますよね。

根本的に扱う商品に問題がある

あくまでも精神的な問題ですが、自分が思っているような商品を扱うことができていないというのも、仕事を辞める原因の一つになると思います。営業の人間が自分の理想ではないものを理想であるかのように売るという感じです。さすがにこれでは長く続くはずがありません。とにかく自分が気持ちよく働けないとしたら、年収が下がるとしても転職を考えるのは決して間違いではないと思います。