00016[1]

転職に有利な季節は3月?かきいれどきに動いて動きまくろう

2015年4月21日

もしもこれから転職活動を行おうと思っているのならば、3月に行った方がいいかと思われます。どうして3月かと思われるかもしれませんが、実はそこにはきちんとした理由があるのです。どのような理由があるのかを紹介します。

かきいれどき

3月と言えば、多くの人が会社を辞めていく時期でもあります。定年もありますし、転職で辞めていく人もいるでしょう。理由はどうあれ、この時期は欠員が多く出やすい時期ですから、反対に求人も多くなるのです。ですから、転職を考えている人にとってはとてもありがたい時期になるのです。

それ以外の時期について

一般的に求人が出そろうのはこの時期以外にはボーナスの後の時期となるでしょう。この時期も同じくボーナスを受け取ってから辞めようと思う人がたくさんいればその分求人は増えることになります。具体的には自分が辞めたいと思う時期を考えてみると分かりやすいと思います。

効率的な求人の見つけ方

求人はどのように探せばいいかということですが、求人誌を見て探すのも良いですし、求人サイトを見るのもいいと思います。特に求人サイトならばリアルタイムに情報が更新されますから、狙った仕事をしっかりとゲットできる可能性が高いです。では、求人を見つけたとして、応募するにあたってはどのようなことに気を付ければいいのでしょうか。

書類応募時の注意

もちろん同じように考えて面接を受けようとする人が多くなるわけですから、書類選考があっても試験官は目を通すだけでも大変な作業となります。ですから、インパクトのあることを書いて、うまく目に留まるようにすることは大切です。志望動機でも長々と書く人もいますが、短く簡潔にまとめることも時には大事だと思われます。

面接時の注意

応募が殺到していると予想される求人は、面接でもしのぎを削ることとなるでしょう。ここでも書類選考の時と同様に強烈なインパクトを与える必要があります。他とは違う、目に見えるオーラが出るくらいの気合いを見せてみるといいかもしれません。とにかく他の人に埋もれるようでは話にならないでしょう。

諦めないことは大事

ちなみに、求人がいくら多い、受け入れ態勢があると言っても必ずしも面接に通過できるとは限りません。もちろん落とされることもあるわけですが、だからと言って落ち込まないことも大切です。一回落ちたところは引きずらないで次の応募に目を向けるようにしましょう。諦めなければ結果は必ず付いてきます。